2019年06月30日

6月30日の鳥海山・中村天風の教え・「神経反射の調節法」


うっすらと雪化粧?かも6月30日の鳥海山:


これから教えるのは「神経反射の調節」さえすればいいんだから、目的が自ずから違いますから、難しい理論は本に書いてあるから本を見て、ここでは方法だけをおそわりなさい。

 それはね、感情や感覚に衝撃刺激が来たなら、いきなり驚いたり、怒ったりすることを止めようとしたってだめだから、それはそれとして置いといて、先ずとりあえず、一番初めにやらなくてはならないものは、肛門をキューと締めちゃうこと。気がつくたんびに、きっとあなたがたはお尻の穴が開いているってことを経験しますよ。まぁ見えない所だからいいと思っているだろうけど、お尻の穴というものは、本当は開いていてはいけないもんなんです。

「いや締まっています」と言っても、それは自然の括約筋で締まっているだけで、特別に自分の意識的な緊張はしていないじゃないかな。そうして、肛門を締めると同時に、臍下丹田いわゆるヘソを中心としたお腹にグッと力を入れる。このグッと力を入れるのは、全生命の肉体の重心を、安定せしめるためなんだ。それと同時に、肩の力をヒョイと緩めちゃう。肩が上がっていると横隔膜が上がり、神経反射を完全に消滅できない。横隔膜をグッと安定せしめて、全生命の重心を臍下丹田に押し付け、肛門を締める。

 最初の間は、なにはともあれ、何時でも肛門が締まっている自分になり得るように、折りあるごとに、時あるごとに、肛門を締める努力をしなさい。歩く時でも、座って立ち上がる時でも、座る時でも、肛門を締めといて、いや、もっと厳密なことを言えば、「えへん」と咳払いする時も締め、「おぃ」と言う時も締めて、「はい」と返事するときも締めて、だんだんそれを練習していくうちにひょいと気がつくのは、本当に尻の穴というものは、今まで知らなかったけれども、いつも開いているな~と気がつく。

 これはね~、尻の穴を開けといても、急激に突発的な変化がなにも起こらないから、その必要を感じなかったかも知れないけど、これがインドのような猛獣や毒蛇の多い所に行きますと、尻の穴が開いているとすぐにやられてしまう。だから、犬があなたがたに吠えついたりしたら、尻の穴を締めてジ~と犬の顔をみていたら吠えるのをやめてしまうから。人間の目には映らないけど、ああいう動物というものは、人間のもたない感応というものが非常に鋭敏なんです。だから動物の目には、肛門が締まっていると体から出すオーラが違うんです。オーラとはフランス語で「見えない光」でして、その見えない光が動物には見える。視覚神経に映るのであります。だから、肛門を締めてジーと見つめている者には吠えたりしない。私が虎のオリの中に紋付袴のままで入って、大きな虎と一緒に写真を撮ったり、 鶏が私の前でパッとすれば動けなくなるでしょう。これはみな、自然に私の体からオーラが出ているからなんですよ。ですから、どんな場合だって、私の肛門は生理要求のある以外は開いてなどいません。

 人間は万物の霊長だもん、誰でもそのように成れますよ。私だけでなく、あなたがたも成れるのです。だから、あなたがたもそのように、体の方を何時でもなれるように習慣ずけ、何時も肛門の締まった人間になるようにしないといけません。肛門さえ締めておけば、あとの腹に力を入れ、肩を落とすなんて、わけないことです。それを普段なんにもしないでもって、いざお尻だ、腹だ、肩だと言っても間に合いません。

 実行しないで聞き放しでは、何時までたっても上達しません。実行せずに理屈だけ聞いても上手くなれません。おまけに、これはいちいち隣のおばさんや、おじさんに頼む必要もないんだ。己の現在もちうる体でできるんだもん。一番練習しやすいですよ。これをやっていると、ただ単に神経反射の調節法ができるばかりでなく、神経の生活機能を旺盛にし、内蔵の全ての調子もよくなり、息切れなんてものはなくなってくる。

 とにかく、わずかな方法でもって、それが自分のものになってしまうと、自分でもこれが自分の命かいなと思うほど幸福を感じますから。やさしい方法だろ、わけない方法だろ、理屈は今は厳密に知らなくていいから、まず実行しなさい。

 中村天風 講話より


公益財団法人天風会 庄内の集い にて学ぶことができます。
ご興味のある方はブログオーナーまでお問い合わせください。
  


Posted by asone at 16:52Comments(0)

2019年06月29日

活動は抵抗を作る


本日は雨のため春の鳥海山の画像を
 
          あなたの活動そのものが抵抗を作るのです。

          抵抗がなければ行動そのものが不可能です。

          飛行機が飛べるのも、 空気に抵抗があるからです。。

          抵抗がなければ、魚は泳げず、人は歩くことが出来ません。

          あなたの邪魔をする者は、あなたを助けてくれているのです。

          逆にあなたが誰かに何かに抵抗すると、

          あなたは必ずその相手を助け、しかもそれに比例して

          自分自身を弱めてしまいます。
          
         
           ジョン・マクドナルド    「マスターの教え 」 より

         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



         調和ということは、真善美の美に該当するもので

         これは探求すべきではなく、自ら進んで作為すべきものである。


         中村天風  「真理のひびき」より

  


Posted by asone at 15:45Comments(0)

2019年06月26日

6月26日の鳥海山 


本日の鳥海山


およそ「悩み」ほど、人生を暗くするばかげた心理現象はない。

ところが大抵の人は、悩みを持たない人間などいるはずもないという
誤った考えを持っている。

これこそが、取り越し苦労、あるいは消極的な思考や感情を常とする証拠でも
あろうが、人間の心には、その統御が完全でありさえすれば、

すなわち、真理に合致して積極的でありさえすれば、

「悩み」などという心理現象は絶対に起こらないのである。

よって、その消息をしかと認識すべきである。

中村天風  「叡智のひびき」 より


中村天風先生は消極感情を統御する方法を具体的に教えてくださっております。
それが、「心身統一法」という実践方法です。
心身統一法を実践すると、
文中にある「心を完全に統御する」という意味が少しづつわかるようになってきます。


※庄内 鶴岡に公益財団法人天風会の集いができました。
 ご興味ある方はブログオーナーまで問い合わせください。

  


Posted by asone at 13:22Comments(0)

2019年06月25日

葉隠 聞書の教えから






         自分自身では真理に到達できなくても そこにいたる方法はある

         それは 人の意見を聞くということだ

         まだ道に至っていない人でも 第三者として横から眺めていれば

         他人のことは良くわかる

         囲碁に傍目八目という言葉があるが まさにそれだ

         良く考えて 自分の非を知る というのも

         人と相談するのにまさるものはない
 
         いろいろな話を聞き 書物から学ぶのも

         自分ひとりの分別を捨てて 古人の智恵に従うためである


          葉隠 聞書 第一 44 より  


Posted by asone at 20:53Comments(0)

2019年06月24日

画像は月山:楽すれば楽が邪魔して楽ならず


本日鳥海山は雲の中  6月22日の月山



         楽すれば

         楽がじゃまして

         楽ならず

         楽せぬ楽が

         はるか 楽 楽


        富山の薬売りに伝わる教え



本当の幸福というのは、人生がより良く生きられる状態に自分ですることなんです。

自分でしないで、他からしてくれることを待ってる限りこやしないよ。

自分の現在の生活に自分の心がまず満足それが生命を高くし、程度を上にした
考え方なんだ。

つまり、自分の生きがいを感じる状態をもっと気高いところにおかなきゃいけな
いんだよ。

うまいものでも食って、いい着物でも着て…こう思うところに本当の生きがいは
ないんだけれどもねえ。

中村天風 「運命を開く」 より  


Posted by asone at 08:11Comments(0)

2019年06月23日

緑の景色



本日の鳥海山は雲の中




         科学者は決してサムシング・グレートのはたらきなどとはいわないが、

         人間の力をこえたサムシンググレートのはたらきを何かしら感じている人も多いのである。
         
         バイオテクノロジーの最先端の現場にいるといやでも感じざるおえない。

         つまり、研究を進めてゆけばゆくほど 自然の摂理の偉大さがわかってきて、

         巨なるサムシング・グレートのはたらきの前にひれ伏さざるおえないということである。



         サムシング・グレート より    筑波大学名誉教授 村上 和雄
  


Posted by asone at 20:36Comments(0)

2019年06月22日

縁のある人から買う



本日の鳥海山は雲の中



        もの買うとき、できるだけ縁のある人から買うという基準を持っています。

        同じものを買うのであれば、縁ある人に喜んでいただきたいというのが

        私の大きな基準となっています。

        
        中略

        「感動は細部に宿る」という言葉があります。

        人を喜ばすために、手間ひまかけて気遣いすることが何よりの感動に

        つながるという意味です。

        私は、相手に喜ばれ感動していただくためだったら、手間ひまかけることを

        少しも惜しみません。

        金額の多寡に関係なく、少しでも縁ある人から買うようにしています。

        そういうことに使うお金を、少しいも惜しいと思ったことがありません。

        お互いが縁の結びつきで信頼できるようになれば、高いとか安いという

        表面上の価値観だけで買ったり売ったりすることはなくなるのではないでしょうか。


        鍵山秀三郎 (イエローハット創業者) 人生の作法 より

  


Posted by asone at 17:12Comments(0)

2019年06月21日

6月21日の鳥海山 暑い一日になりそうです


6月21日の鳥海山



どんな時も、人生には、意味がある。

なすべきこと、満たすべき意味が与えられている。

この人生のどこかに、あなたを必要とする何かがあり、

あなたを必要とする誰かがいる。

そしてその何か誰かは、

あなたに発見されるのを待っている

明治大学教授 心理学者 諸富祥彦 「生きていくことの意味」 より  


Posted by asone at 09:41Comments(0)

2019年06月20日

直観で閃く




私には特別な能力があるわけでもありませんし、
一般的によく言われる超能力のような特別なことも、
小さい時から一度も経験したことはありません。

ただ、建築家として設計をするという仕事をしていますから、
「直観的にものをつくる、創造する、クリエーションする。」
というのはどういうものかということについていつも考えていたわけです。

何もないところから何か形態を生み出す。
ない知恵をしぼってやっていたわけです。

本当に大事な部分は直感で閃いたそのきっかけみたいなものがあって、
その後で裏付けを整理して具体化しているのではないかという事です。

これはもう理屈抜きで直観でそう感じたわけですが、こういったことが
いったい何なのか、いつも考えていました。

  建築家 足立育朗 「波動の法則」 より



私はよくいろいろなことを聞かれるんだけれども、その時に私考えたことはないですよ。
私はものを考える必要がないんです。

なぜかというと、霊性の発現している者は、何も考えなくたって、
即座に鏡にものを映したと同じように、刹那断定というものが
心の中で働いてくれるからです。

  中村天風 「幸福なる人生」 精神の統一が霊性を発現させるより
  


Posted by asone at 09:38Comments(0)

2019年06月19日

6月19日の鳥海山 「禅の教室」 より


6月19日の鳥海山


昨晩の地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■あのシッダールタでさえも、樹下で坐っている時、悪魔に誘惑されたのを知っているでしょう?
彼だって坐っていきなりうまくいったわけじゃなくて、邪魔するヤツがいっぱい出てきた。

むしろ、悪魔が邪魔しに出てこない坐禅の方がおかしいとさえ言えるんじゃないかな。
しかも、悟ってブッダになってからもしょっちゅう出てくるんですよ。

仏伝では悪魔は一応、外からやってくることになっているけれど、
本当はシッダールタの内面を神秘的に描いているわけですよね。



○シッダールタの場合は悪魔だけど、私だったら「今日は何を食べようか」とか、
そういう妄想だったわけですね。



■彼だっていろんなタイプの誘惑があったでしょう。
恐怖心、性欲、疑い、権力欲、名誉欲、プライド・・・・・。

悪魔はいろいろな手練手管を使って、
シッダールタを坐っているところから立たせようとした。

坐禅の邪魔をしようとした。



藤田一照・伊藤比呂美 「禅の教室」 より


※内側に入る、邪魔を振り払い、邪魔を超えて入る。  


Posted by asone at 08:07Comments(0)