2019年07月30日

汝自身を知れ ソクラテス

“Know thyself”  ソクラテス
 
この語は、学者や識者の多くがいうような、単なる処世上の教訓や道義上の訓戒ではなく、

もっと尊い人生消息(しょうそく)を喝破(かっぱ)したものに相違ない。

すなわち、「人々よ人間の本質に目覚めよ!」という、
人生自覚の一大示唆(しさ)を含蓄(がんちく)したものである。

実際、この言葉を、玩味(がんみ)すればするほど

「人間というものは、多くの人々の思っているよりも、はるかに尊いもの、はるかに崇高(すうこう)なものだ」
ということを、切々としてわが心に感じる。

中村天風 真人生の探求より  


Posted by asone at 19:09Comments(0)

2019年07月25日

心ひとつの置きどころ




可能なかぎり、消極的な気持ちで肉体を考えないようにすることが何よりも大切である。

特に病のときは病を忘れる努力をすべきである。

一言でいうならば、「人間の健康も、運命も、心一つの置きどころ」

心が積極的方向に動くのと、消極的方向に動くのとでは、天地の相違がある。

ヨガ哲学ではこれを、「心の思考が人生を創る」という言葉で表現している。

中村天風 「運命を開く」 講談社 より

中村天風の教え「心身統一法」があります。
心を強くしたい方には、ぜひお勧めします。
  


Posted by asone at 16:34Comments(0)

2019年07月24日

信念とは




悟らない前の私は、信念というものは、積極的にむしろがむしゃらに、ことの成功なり成就なり、あるいは
現在思っていることを強烈に心の中でもって考えりゃいいだけだと、こう思っていた。

病にかかっても「治ります!」と思やいいと思って。
運命に阻まれると、「出世します、成功します!」と思えばいいことだと思ってた。

だって、信念とは疑わざる心、ということだけしか教えてくれないんだもの。

だからそう思う思い方が強烈なら強烈なほど、信念というものが確固不抜なものになるんだと、こういうふうに考えていた。

あなた方もそうじゃないかい?

もっとはっきり言うと、そういうふうな考え方を何事に対しても持ってりゃ、
健康も運命も、完全になるものであると、こういうふうに、それが信念煥発
(かんぱつ)へのシークレットだとこう思っていた。

そうほんとに思ってましたよ、私は。

ところが大変な間違いを、つまり信念でないものを信念だと思い違いをしていたことに
気がついたんだ。

よくお聞きなさいよ。信念というものは、ただ一心に積極的に馬車馬的に、がむしゃらにそのことの成就なり成功なりを
強烈に心の中に思念することじゃないんですよ。そういうのは強情っぱりって言うんだよ。

これを哲学的には、相対的の心的状態とこう言うんだ。Relativelyっていうんだよ、英語でいうと。

それじゃだめだよ。信念っていうのはもっと絶対的なものでないと。Absoluteなものでないと。
いいかい?ひと言で分かるように言ってやるから、分かりなさいよ。

本当の信念という階級の高い心は、精神科学的にいうと、否定や肯定から超越したものなんだよ。
まだ否定があったり肯定があるようじゃいけないんだ。

「ダメだ、そんなことしてちゃ」「大丈夫だよ、おれは信念があるから」 これは肯定。

そう言いながらも心の中でもって「ちょいとやりそこないやしないかな」と
思う心があったら、否定が首を出したわけだよ。

イエスとかノーとかということを心の中で考えている間は、その心は
Relativeなんだ。

その相対的の心境から超越した心境が絶対境で、それがすなわち信念なんだ。
わからない?

結核になってからはねえ、自分の健康はとても回復しないという、
否定を心の中に思い込んでいたが、
あるいは時によると、これがいけねえんだ、治ると思う気持ちに振り替えようと肯定して、
それを信念だと思ってた。

なるべく、死にはしないか、悪くなりゃしないかと考えないようにして、
治るほうへ心を持っていこうとした。
ダメですよ、戦ってるんだから。

肯定と否定とがもうのべつ心の中でもってこんがらがってんだ。
だから八年の間も治らないの、当たり前だ。治らないような種をまいてたんだもの。

それが今言ったような、何も考えなくなった、それが信念だというふうになってから、
それはもう薄紙をはがすなんてのは嘘(うそ)みたいなもんで、
厚紙はがすようによくなっちゃった。

絶対境地に心がすぐなり得るようにしさえすれば、それでいいんだ。
それが信念なんだ。

(以上、公益財団法人天風会会報誌『志るべ』
2019年1月号掲載の中村天風講演録選集
「信念と奇跡(中)」より抜粋引用しました。)

  


Posted by asone at 18:07Comments(0)

2019年07月17日

心身統一法に入門はない




ともすると、物質的な豊かさを求めて生きることに慣れてしまった今日の我々の生活態度としては、
物質的な豊かさを生み出す原動力となった科学的な思考が、普遍的に正当なものだという態度で
暮らすことに慣れている。ところが、その科学的思考の論法は、基本的に因果論ですから、

原因から辿って結果を説明する論法で成立しているわけです。
つまり、「入口」から入って、どこに出口があるかと手探りして探そうとする方法です。
逆方向です。

問題は、そういう生活に慣れた人が、突然、病や不運に見舞われて救いを求めるようにようやく辿りついた
「入口」として天風哲学に飛び込んだ場合に、どうなるかです。


「真人生の創造」 中村天風講演録 PHP出版 あとがきより 公益財団法人天風会前教務委員会教務委員長 御橋広眞

  


Posted by asone at 15:26Comments(0)

2019年07月15日

中村天風の教え 「積極とは」



30度の暑い一日でしたが、鳥海山は姿を見せてくれません。
ありし日の羽黒創造の森から望む鳥海山


  天風先生が言われる「積極」とは、人生にどんなことが起ころうとまた同じことの繰り返しの毎日であろうと、

  心を動揺させたり焦燥感をもつことなく、常に誠と愛と調和を以て、穏やかな冷静な心の状態でいるという事なのです。

  つまり、何かに張り合おうとか負けまいというような対抗する心ではなく、

  先入観や偏見を持たず、怒りや恐れや悲しみなどにとらわれない、

  澄み切った静かな心の状態で物事に対応することです。



  真人生の創造 中村天風講演録 PHP出版 まえがきより 公益財団法人天風会前理事長  宮田興子  


Posted by asone at 19:24Comments(0)

2019年07月10日

天は言葉をもたないがゆえに病や不運を与えた



 病やからだの症状。

 やめたくても、やめられない病

 人間関係のもつれや夫婦の不和・・・・・・・・。

 私たちを手こずらせている種々の、問題悩みの種

 しかし実は、それらはどれも、

 人生のプロセスが必要だから運んできてくれた意味のある出来事

 そうでもしなくては気づくことのできない、

 人生の大切なメッセージを運んできてくれる人生の先生


 「生きていくことの意味」より 明治大学教授 心理学者 諸富祥彦  


Posted by asone at 15:48Comments(0)

2019年07月09日

7月9日の記事




人間の手で作られたものにも、法則=道がある。

まして人智をはるかに超越凌駕(りょうが)している
造物主の作為になる活きる命を与えられた生物には、

その活きることに対する法則=道というものは、
絶対に厳格な状態で存在している。

そして万一、その活きる道=法則に背反すれば、その生命存在は到底確保することを許されない。

簡単な事実が、草食動物である牛や馬が、肉食動物である獅子や虎の活き方をすれば、
直ちに命を失うのを見ても明瞭である。

このように、生命機能が人間より劣っている禽獣(きんじゅう)においてさえ、

その生命法則は、毫末(ごうまつ)
仮借されない
厳格さをもっていることを気づいたとき、

更に万物の霊長である人間においては、より一層瞬間刹那(せつな)でも

犯すことの許されない法則=道が、その生命を活かすにあたって
厳存しているということは、

そう深く考えるまでもなくはっきりしているはずである。

怒ったり、悲しんだり、恐れたりする度に、その消極感情の発作の影響が、

肉体生命の活きる力までを全体的に弱めて、

あるいは病の近因を作りまたは早老の遠因を作るという、

生命に甚大な危険をその度毎に醸成しているということを
気づいていない。

もっとも気づかないからこそ、無造作に怒り、軽率に悲しみ、
無分別に恐怖するのであろうと思う。

実際、こういう事実現象が生命に存在することを知っていながら、

強いて、自己の生命に、自分自身直接間接に
危害を与えるようなことは、

まことの精神をもつものでは為し得ないはずである。

自己を徹底的に守り、徹底的に愛するものは、
自己以外に絶対に無いということに想到(そうとう、「考えが及ぶ」の意)すれば、

より一層、粛然(しゅくぜん)たるものを感じなければならないはずである。

  中村天風 『真人生の探究』より  


Posted by asone at 10:23Comments(0)

2019年07月05日

7月5日今日の鳥海山

 


         苦労するのは生きてる証拠です。
        
         災難に遭うのは 過去につくった業が消えるときです 。
 
         業が消えるのですから喜ぶべきです。
 
         どんな業があったか知らんが、その程度のことで業が消えるなら。
 
         お祝いせんといかんですなぁ。


         稲盛和夫のガキの自叙伝より 京セラ創業者 稲盛和夫

         京セラが1ヶ月の操業業停止処分を受けたとき稲盛さんが相談した
         円福寺高僧 西方老師が答えた言葉  


Posted by asone at 14:53Comments(0)

2019年07月03日

7月3日の鳥海山





他人と相対する時、常に元気に満ちた態度を保持し、
できるだけ積極的な言語を用いて会話することが必要である。

わかりやすくいえば、決して意気の消沈した態度や、
泣き言や愚痴やまして不当な欲念や消極的の感情情念を、

かりにも口にしないこと、また行わないことである。

言い換えれば言葉も行動も溌剌颯爽(はつらつさっそう)と
していなければならない。

この心がけの実行を怠りなく持続すれば、実に予想外に
本能心意が積極的に整理され得るのである

中村天風 「研心抄」 より

 「研心抄」は中村天風著3部作の一冊です。
多くの本が講話をもとに作られておりますが、ご本人の著となります。  


Posted by asone at 14:02Comments(0)

2019年07月01日

本日曇り 

        話を聞いてくれというと
        あなたは忠告し始める
        私はそんなことを頼んではいない

        話を聞いてくれというと
        そんな風に考えるものじゃないとあなたは言う
        あなたは私の心を踏みにじる

        話を聞いてくれというと
        私のかわりに問題を解決してくれようとする
        私が求めていることはそんなことではない

        聞いてください
        私が求めているのはそれだけだ
        何も言わなくていい 何もしてくれなくていい
        ただ私の話を聞くだけでいい

        忠告など安いものだ
        新聞を買う金さえあれば
        いろいろな有名人が人生相談に答えている
        それくらいは自分で出来る

        

         グレン・V・カレン 豊かな人間関係を築く47のステップより


一昔前24時間闘えますか?という栄養ドリンクのCMがありましたが、ブログオーナーもそのような環境で自己を磨いております。
お問い合わせやいただきましたメール、コメントへはご返答するよう心掛けておりますが、
遅れる場合がございます。あらかじめご了承くださいます様お願い申し上げます。  


Posted by asone at 09:33Comments(0)