2019年11月30日

街のイルミネーション


コメリ八幡店前のCHUKOU WARKS さんのきれいなXmasイルミネーション 癒されます。



  南州翁遺訓 二十四

  道は天地自然の物にて

  人は之を行うものなれば天を敬するを目的とす

  天は人も我も同一に愛し給うゆえ

  我を愛する心を以って人を愛するなり
 
                   

  南州翁遺訓 二十九


  道を行うものは 固より困厄に逢うものなれば 

  如何なる艱難の地に立つとも 事の成否 身の死生杯(など)に

  少しも関係せぬもの也

                    

  


Posted by asone at 21:34Comments(0)

2019年11月29日

雪景色・鳥海山11月29日


朝、つかの間の青空と11月29日の鳥海山

見渡す限り銀世界です



        あなたが土の中に種子を埋め込むとき

        その種子は普通茶色で乾いていて

        その中に命が宿っているようには見えません

        にもかかわらず あなたは その種子を信頼して植えます

        時が来て それは成長してゆきます

        その種子は 自分がどんなものに成長してゆくか知っています

        あなたは種子の袋に書いてあることから 何を蒔いたのかを知ります

        あなたは信頼し 植物は信頼したとおりに育ちます

        ある正しい考えや思いを心に描くとき あなたはその考えや思いから

        完全なものが育つのだと 全面的に信頼しなければなりません

        あなたの信頼と自信が 強固でゆるぎない時 

        こうした建設的な思いや考えは成長し 発展してゆきます

        こうした方法で あなたは何事も達成することができます

        仕事を成就するのは ひとりひとりの中にある内なる力です

        それこそが あなたの中にある 私なのです


                  心の扉を開く  アイリン・キャディ



        潜在意識という土の中に観念の要素にになる種を蒔くとき、
        どのような思いで種をまくか。。。
        
        その種はたゆまぬ努力と絶やすことのない情熱というエネルギーを加え、
        エゴや不安などから離れた囚われの無い心で育ててゆくことにより花開く。
          


Posted by asone at 18:55Comments(0)

2019年11月25日

鶴岡市南岳寺 長南年恵霊堂 



山形県鶴岡市南岳寺の境内にある年恵霊堂の案内板です。
※霊堂の記帳簿を拝見すると全国各地からこの堂に来られていることを知ることができます。



■鶴岡市南岳寺の霊堂 長南年恵(おさなみとしえ)にまつわるお話

病人が持参してきた空の瓶に彼女が祈祷することにより霊水を満たし
病気を癒すと評判になる。しかし人心を惑わすということで、幾度も
逮捕される。後年伊勢神宮参拝に向かいそのまま弟の居る大阪に居住、
山形(鶴岡)にいたとき同様病人を癒し続けた。人心を惑わすと大阪でも警察に逮捕され、
しかも、裁判にまで発展してしまう。

収監されている間彼女は何も食べず何も飲まなかったという。
看守が心配して、何か食べてくれというと、それではと芋を一切れ
食べたという。普段より不食を常としていた。

明治33年神戸地方裁判所で審理の折、裁判長は「私の提供する瓶を霊水
で満たすことが出来るか」と問い、彼女は祈祷の後、その瓶を霊水で満たした。

彼女は無罪判決を勝ち取る。裁判所が超能力を認めた初のケースといわれている。

全国長南会のHPにある長南年恵に関する内容 驚くばかりです!

http://www.ne.jp/asahi/chonan/kenkyu/kaiho17.htm

以下長南会のホームページより一部転載

手品には種も仕掛けもある。呪術は原因と結果を見通して組立てられる。水を撒いて雨を呼ぼうとする雨乞いなど。
だが年恵は無から有を、すなわち水を引き寄せるという、前代未門の摩訶不思議な巫術の持主であった。
その筋では霊水引寄せ霊媒として世界的に有名なのはご承知のとおり。
年恵は神仏に祈祷し恍惚境(トランス状態)に入って、からの茶碗に甘酒を引き寄せたり風呂に水をはって火も焚かずに湯にする「お手かざし」という巫術も見せた。
六感の中の一感をおさえることによりトランス状態に入り得るとされるが、私には不可解な世界である。
「大講義長南年恵刀自集」には昭和8年発行の浅野和三郎著「心霊と人生」より、小竹繁江さんという人の体験談の聞き書きをのせている。
  


Posted by asone at 09:22Comments(0)

2019年11月22日

中村天風「運命を拓く」より11月22日の鳥海山





将来人生を完全なものにしようとする若い人たちは、特に、およそ心で行う思考ぐらい人生に対して重大な影響をもつものはない

ということを常に念頭におかなければいけない。知る知らざるを問わず、宇宙には、このような事実が厳として存在していることを

決して忘れてはならない。  何事においても、その時の心の態度が、成功を生み、また失敗にも追いやる。

ちょっとしたことでも例外ではない。紙に一本の線を引くにも、丸を画くにも、心の在り方いかんですぐ乱れがきてしまうのである。

人間は誰でも、大した経験や学問をしなくても、完全な人間生活、いわゆる心身を統一できる人間であれば、男でも女でも、

誰でもひとかどのひとかどの成功ができるようになっているのである。


「運命を拓く」 中村天風 講談社 より


庄内に中村天風財団公認の天風会「庄内の集い」ができました。
多くの偉人、政治家、企業経営者が影響を受けた「天風哲学」を学びたい方はブログオーナーまで問い合わせください。


中村天風財団ホームページ
https://www.tempukai.or.jp/  


Posted by asone at 09:06Comments(0)

2019年11月21日

11月21日の鳥海山


11月21日の鳥海山




         我々のいまの生活が たとえ小さな行いでも誰も見ていないときでも

        誰にも恥じない生活態度がひょっとすると人生のすべてを決するのでは

        ないかとさえ思えます。

        人は死の直前まで親から授かったDNAの花が少しでも多く開花するよう

        努力し 慎ましく謙虚に生きることです。

        後は神の御心に委ねることにしましょう。

       「 人は仕事で磨かれる」  伊藤忠商事 元会長 丹羽宇一郎 (元中国大使)  


Posted by asone at 15:24Comments(0)

2019年11月20日

冬のはじまり






         人はね 弱い人に対する態度でその人がわかるんですね

         自分より 強い人に弱腰で出るのは誰でも出来るんです

         しかし 自分より弱い立場の人にどういう態度をとるかが

         その人をあらわしますね


              イエローハット創業者 鍵山秀三郎



         調和という事は 真善美の美に該当するもので

         これは探求すべきではなく 自ら進んで作為すべきものである

              中村天風  真理の響きより


         肩書、地位などによって言行を変える人は単なる俗物でしかない    


Posted by asone at 20:46Comments(0)

2019年11月19日

11月19日の鳥海山 電気仕掛けの脳・眠った人間の第6感


鉛色の空、吹きすさぶ西風、庄内平野の初冬 鳥海山の雪もずいぶん下まできました



東京大学大学院 准教授  眞溪 歩   電気じかけの脳 -電気的ドーピングの可能性と眠った人間の第六感-
(第六感について3:54~)  


Posted by asone at 17:42Comments(0)

2019年11月18日

11月18日の鳥海山 縁は人知を超えた天意

 
11月18日の鳥海山

  
          人の縁というものは不思議なものである。

          今まで知らぬもの同士が縁で結ばれることもあり、

          また別れもある。

          良縁に結ばれるには、社会的な地位で分け隔てるのではなく、

          常に平等な接し方で、良縁を呼び込まなければならない。

          社会的な地位が高い人との縁を良縁としがちだが、

          実際はその縁を呼び込むまでの縁こそが良縁なのだ。

          良い縁が結ばれるためには、良い縁が結ばれるように、

          願わなければならないが、 

          実際に縁が結ばれるのは人知を超えた天意である。

               松下電器 創業者  松下幸之助 翁


          中村天風先生の講話の中に松下さんが創業のころ財団法人天風会に
          来られていたことをお話しされております。
          
  


Posted by asone at 10:25Comments(0)

2019年11月17日

11月17日の鳥海山 宮沢賢治の宇宙観




            宮沢賢治は科学者だった。
           
            アインシュタインの相対性理論などを学び、

            四次元空間を科学者の目でとらえた作品を書き、

            銀河系のかなたまで

            誠の未知を実証しようとした。
            
            岩手県花巻市にある宮沢賢治記念館にある解説より

         **************************

         ※思索メモ(賢治のメモ)を書き写してきたのですが難しくて
            読み取れないところがありました。

          思索メモ 時空間の実在

          ① 異空間の実在 天と餓鬼
  
          ② ※解読不能 仏教の経典の一部の様

          ③ 心的因果法則の実在

          ④ 新信行の確立

        という賢治のメモを見つけ 引き込まれました。

        賢治は法華経の教えに近代科学を加えた独特の宇宙観をもっていました。

        

        「銀河鉄道の夜」などはとても不気味な童話にしか思えなかったのですが、

        なぞが解けてきました。

        宇宙の謎解きをしていたのです。

        代表的な詩 アメニモマケズは 死後発見されたのだそうです。
   


Posted by asone at 16:58Comments(0)

2019年11月16日

自然は相似形


画像は昨年の冬の画像です 鳥海山と手前の山見事に相似形です 大自然は真理そのものを現象として教えてくれます。


宇宙の真理はああだ、こうだと理屈を言う必要はないのであります。
論より証拠です。
喜びと感謝の気持ちになって、生きてごらんなさい
理屈を言わないで。
自然とあなた方の心の中に、大きな光明が輝きだすから。

中村天風 心と体を活かす言葉 より


  


Posted by asone at 09:12Comments(0)