2020年02月28日

Daisさん


穴場 遊佐エルパ内 kitchen Dais さん


逆境に立ち向かうことこそ わが人生
 
どんな逆境に置かれても 絶対にあきらめない

自分の限界を超えるまで挑戦すれば 必ず乗り越えられる

まずは つい楽な方向へ逃げようとしてしまう

おのれの弱い心に打ち克つのだ

逆境よ もっと来い  逆境よ ありがとう!

        
ソウルメイトより   元福島大学教授 飯田史彦

  


Posted by asone at 20:30Comments(0)

2020年02月27日

2月27日鳥海山 過去ログから


雪景色となりました



心を磨くとよくいいますが その心を出してみなさいというと
みなさん 出せませんといいます

出せないものを磨くより 身の回りの磨けるものを磨くんです
私は人が嫌がるトイレをきれいに磨き続けました
掃除をする トイレをきれいに磨き続けることは

   自分の心を磨くことだったのです

   イエローハット創業者 鍵山秀三郎



生活の情味を味わわずに活きている人は、本当の人生生活はないといえる。

もっと極言すれば、人間の幸いとか、不幸とかいうものは、結果からいえば、
生活の情味を味わって活きるか否かに所因するといえる。

貴賎貧富などというものは第二義的なものである。

実際いかに唸(うな)るほど金があっても、高い地位名誉があっても、
生活の中の情味を味わおうとしない人は、いわゆる本当の幸福を味わうことは
絶対にできない。

中村天風 一日一話より
  


Posted by asone at 10:08Comments(0)

2020年02月26日

2月26日の鳥海山 春霞


春霞の中 鳥海山


何人といえども反省を人に強うる権利はない。
反省ということは自分自身つつましやかに為すべきものである。


叡知の響きより  中村天風

  


Posted by asone at 10:32Comments(0)

2020年02月23日

昭和レトロなおいしさ!




老舗 酒田市 川柳さんの ワンタンメン 安心感あるうまさ! 割りばし入れも 昭和感!


言葉というものは人間の世界だけに与えられた、まことに何ともいえない重宝な
ものであるが、ただ上顎(あご)と下顎がぶつかり放題、思うがままにしゃべって
いると、時としてその言葉が自分の生命や他人の生命までも傷つけることがある。

言葉は、実在意識ならびに潜在意識をきれいにしたり、あるいは汚したりする
両方面の働きをもっている。

つまり、言葉ほど、恐ろしい暗示感化力をもつものはないのであります。

中村天風 運命を拓く より



  


Posted by asone at 22:32Comments(0)

2020年02月22日

酒田市升田でつくっているチャコールウォーター発見




ニューヨークのセレブが愛用のチャコールクレンズの進化系

アクティブチャコールウォーターがなんと! 酒田市升田(玉すだれの瀧の里)でつくられていた!!

キャップをひねると竹炭・ヤシ柄活性炭などが広がり水と混ざり真っ黒になりました。

デトックス効果があるんですと。




現代人が心を完全に操縦できないで招かなくともよい不幸や苦悩を味わ
っているのは、あまりに実在意識を過重視し、潜在意識の存在をおろそ
かにするため、潜在意識の運用が不完全になっているかである。

ちょうど、馬術の心得の乏しい人が駿馬に乗った時、馬の静穏の時は
ともかく、何かの拍子で馬が暴れ出すと、たちまち混乱に陥り、
完全にそれを操縦するどころかしまいには振り落とされてしまう
のと似ている。

人生は心の操縦を完全にすることが先決である。


中村天風 一日一話 より


  


Posted by asone at 20:40Comments(0)

2020年02月21日

2月21日の記事


秋田金浦 華月 (酒田ラーメン 満月系)


2月21日の鳥海山



たとえ自分自身の心が積極心になりえたとしても、

自己の心の状態を基準にして、他人の心を推し量ることがあっては
絶対にいけない。

よりわかりやすく言うと、自分に対しては常に厳しくあらねばならないが、これを
他人に押しつけてはいけないのである。

すなわち他人に対しては、清濁併せ呑むという寛容さを持つことである。

もしもこれを失うと、他人との勝ち負けにこだわる心が瞬時に現れてきて、
積極心の保持を妨害するからである。

中村天風 「叡智の響」より  


Posted by asone at 20:58Comments(0)

2020年02月20日

白鳥の腹ごしらえ





北帰行前の白鳥の腹ごしらえ・・ 


2月20日の鳥海山


春が近づいてきました。




  


Posted by asone at 15:40Comments(0)

2020年02月19日

白鳥さんの北帰行はじまる 「まだ来いの~」


白鳥さんたちの北帰行が始まりました(2月19日夕方の空)  
空から白鳥さんたちの鳴き声が聞こえてきます
さあ! もうすぐ春です・・・・ 「まだ来いの~」 



2月19日鳥海山


「 只管打座 (しかんたざ) 」

さとりも求めない、ただ坐禅するだけで他に何も求めない、坐禅の外に目標を持たない、只坐禅一途。

道元禅師 

心の安らぎをどこかに求める時代です。
座禅、マインドフルネス、いろいろありますが、いすやソファーにでもすわって目を閉じ心静かに座ってみましょう。

中村天風の教えにも「安定打座」という心を静める行法があります。  


Posted by asone at 18:19Comments(0)

2020年02月18日

TVが伝えない現実


しかし鳥海山は美しい




TVが伝えない現実    臨時病院 朝食のために患者が並ぶ/突貫工事の品質 雨が降ると・・


TVが伝えない現実

新型コロナウィルスだけじゃないこの地球の問題 南極で初の20度超え 史上最高気温20.75度を観測
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00000004-jij_afp-sctch

  


Posted by asone at 19:14Comments(0)

2020年02月17日

2月17日の記事


新興勢力   酒田市駅の近く 雲ノ糸 さん 



「陽気の発するところ金石また透(とお)る」という古いことわざがありますね。

この言葉こそ人々に、「まずその心を、どんな場合にも消極的にしてはいけない。

あくまでも積極的いっぺんとうで人生に邁進せよ。

そうすれば、そこに成功があり、成就があり、健康があり、長寿があるぞ」と
示唆(しさ)している尊い言葉であります。

それから次は、「自ら省みて直(なお)くんば、千万人といえど我れ往(い)かん」。

この言葉こそ、本心良心の発動した結果現象の尊さを形容している言葉なんです。

どういう場合に直面したときでも、本心良心に悖(もと)った言葉や行いは
断然しないことです。

自分の言葉や行いは常に本心良心そのままという気持ちを
心がけの第一とされたいのであります。

というのは、本心良心に悖ると、やましい観念のために
心の力は常に委縮してしまう。

本心良心に悖った言葉や行いというものは、それ自体がすでに消極的なんです。

一言ものを言うときでも、ちょいとした手足を動かす場合でも、

本心良心に悖らないようにしなければいけません。

本心良心に悖らない、むらのない心から働き出される事柄にどんな結果がくるか、

これはもう考えなくてもおわかりのことと思います。

中村天風  『成功の実現』 より
  


Posted by asone at 22:02Comments(0)