2020年07月31日

心の中の静けさへ


蝉の声が聞こえます


やすらぎと静けさの中で、わたしと波長を合わせなさい。

内面が混乱し、忙しすぎて静かに耳をかた向ける時間もないときに、

かすかに聞こえる私の声をどうして聞くことができるというのでしょうか。

静かになることを学んで行けば、何をしていても、

どこにいてもそれができるようになります。

平穏と静けさのマントを羽織ることができるようになり、

何ものもあなたの心を乱すことができない平穏な中心を見つけられるでしょう。

そこが、まさにわたしがいるあなたの中心なのです。

そして、すべての創造の源泉であるわたしとひとつになることが実現するのです。

やすらぎがあり、すべてとひとつになったこの状態にあれば、

あらゆる状況ですべてが思い通りに運び、何をすべきか、

どうやってそれをするのかも、明確にわかります。

これは誰でも自分が望めばできることなのです。

少数の人たちだけのための特別なことではありません。

今すぐ静けさの中に入り、完璧なやすらぎを得てはどうでしょうか?


アイリン・キャディ 「心の扉を開く」


※アイリン・キャディさんが言う「わたし」とは数日前に書き込みました

曖昧なる導きという暗黙なる感覚(= implicit)があります。
これは、言葉や、イメージといった具体的なものではなくそれ以前の漠然とした、それこそインプリシットなもの。

のことのように思います。

神秘性はあるとは思いますが、偶像化した神とかなんとかいう前に、
すべては心の中に答えがあるように思います。
ビックリするような「直感」は誰でも経験していることではありませんか。





  


Posted by asone at 17:51Comments(0)

2020年07月30日

7月30日の鳥海山 大いなるいのち


あの雨がうそのように穏やかな天気になりました


中国の思想家、「老子」も「いのち」について次のように述べています。
加島祥造 「私が人生について語るなら」 より


いのちというのは、知恵とエネルギーでいっぱいの、大きな働きのことだ。

どんぐりから人間まで、すべてのいのちの源になっている神秘的な大きな力。

私たち人間が手を加える以前から働いている宇宙エネルギーだ。

そして老子は、こういうふうに言う。

私たちはみんな、とっても大きなものにつながっているのだ、

ときにはその力を信じて、その力に任せていればいいんだよ、と。

老子の言う通り、私たちはいのちのことをもっと信頼すればいいと思う。

だって、自然を見回しても、自分のことを思っても、いのちの働きは、

人間の知恵など比べものにならないほどすごいからね。






  


Posted by asone at 18:01Comments(0)

2020年07月29日

心の中の曖昧なる導き






デヴィッド・ボームは、目に見える物質的な宇宙を「明在系」、

もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系」と名付けました。

大いなる宇宙の「いのち」と私の「いのち」は、暗在系,明在系に置き換えてみると、

大いなる見えないいのちの中の、一部の顕現化した働きが、私という明在系の存在となります。

このことに気づき始めた人は、人生の中心の軸が、転換を起こしてゆきます。

わたしという個の存在は、包括的な実在の中の一部である「いのち」であったことに目覚めます。

そうすると、活きることとは?、人生とは何なのか?、…といった哲学的疑問が湧いてきます。


私たちの心の中には、曖昧なる導きという暗黙なる感覚(= implicit)があります。

これは、言葉や、イメージといった具体的なものではなくそれ以前の漠然とした、それこそインプリシットなものです。

このインプリシットを、解き明されるべき何かを、誰もが持ち合わせているのだと考えます。

わたしの心の内側の潜在意識は、わたしを通して何を望んでいるのか、何を実現されたがっているのか?

ここから、真の人生創造がはじまります。







  


Posted by asone at 20:42Comments(0)

2020年07月28日

豪雨



三川町の川の様子


雨が止みますように!

被害が最小限でありますように。

  


Posted by asone at 18:28Comments(0)

2020年07月27日

同時進行


春の鳥海山


この宇宙は二重構造になっており、

われわれがよく知っている物質的な宇宙の背後に、

「もう一つの目に見えない宇宙が存在しています。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「暗在系」では「明在系」のすべての物質、精神、時間、空間、などが全体として

たたみこまれており、分離不能です。

   デビッド・ボーム(理論物理学者) 「全体性と内臓秩序」


ボームは、目に見える物質的な宇宙を「明在系」、

もう一つの目に見えない宇宙を「暗在系」と名づけています。



「相対的な宇宙と絶対的な宇宙は、同時進行だ!」と、師は教えてくださいました。

われわれが感じている目に見える宇宙は、見えない宇宙の極一部として存在しているだけではないかと思います。

「暗在系」宇宙が包括的な主であると想像できます。






  


Posted by asone at 20:39Comments(0)

2020年07月26日

泣くのはいいが嘆くな!


今日は曇り空の蒸し暑い日でした。 さわやかな頃の鳥海山を!



一度も失恋したことのない人は、

失恋した人の悲しみや苦しみがわかりません。

一度も貧しい思いをしたことのない人は、

ほんとうにお金がなくて苦しんでる人のことがわかりません。

健康そのものの人は非常に幸せのように見えますけれども、

体の弱い人の苦しみを想像することができません。

たくさん苦しみ、たくさん悩み、たくさん涙を流した人は

人の苦しみに同情することができます。

その人は、人に対してやさしくなります。

自分の置かれている環境が恒常であってほしいのに、

この世はなんと無常なのか。

形あるもの、物質はもちろん、感覚も、すべての精神作用も、

泡沫、かげろう、夢、幻のようなものであって確実なものではない。

それなのにわれわれはこれらはかないものに愛着し、執着し、

永遠にそれが存在することを願っているから、

常に裏切られ続けてゆく。


瀬戸内寂聴 「愛する言葉、あなたへ」 光文社 より



たとえ人生に苦難や苦痛はあろうとも、、

それを心の力で、

喜びと感謝に振り替えてゆくのである。


中村天風



活きている間死ぬことはありせん。
心の力とはいったい何か? 心の力を知り人生を拓こう!
歳など関係ありません!
今、この瞬間からです。

嘆く前に気づくことです。  


Posted by asone at 18:40Comments(0)

2020年07月25日

7月25日 の鳥海山 情けは人の為ならず


7月25日の鳥海山


自分のために選んだことを、ひとにしてやればいい。

幸せになろうと思うなら、ひとを幸せにしてやりなさい。

豊かであろうとするなら、ひとを豊かにしてやりなさい。

もっと愛がほしいのなら、ひとを愛しなさい。

それも、真剣ににすること。

自分の利益のためではなく、

ほんとうにひとのためになろうと思うこと。

そうすれば、すべてはあなたに返ってくる。

ニール・ドナルドウォルシュ




  


Posted by asone at 19:49Comments(0)

2020年07月24日

7月24日の鳥海山


7月24日の鳥海山  見る角度が違うと山の形もちがいますね



あなたが、誰かに、あるいは何かに抵抗すると

それが、批判、羨望、嫉妬、憎しみ等、思いであれ、

発言や行動であれ、

あなたは必ずその相手を助け、しかもそれに比例して、

自分自身を弱めてしまいます。

なぜでしょうか?

あなたは自分の進歩のためにとても大切なあなたの生命力の一部を、

その人や物にわざわざ移転させてしまうからです。

ひどい怒りを爆発させてから、

すっかり疲労困憊してしまった人を、実際に目撃したことはありませんか?


マスターの教え ジョン・マクドナルド







  


Posted by asone at 19:52Comments(0)

2020年07月23日

7月23日の記事


夕暮れ時 iPhoneで撮影



あなたの中にある最高の真実の生きた例となりなさい。

自分について謙虚に語りなさい。

あなたの最高の真実が、自慢と間違われないように。

穏やかに語りなさい。

注意をひきたいだけだと思われないように。 やさしく語りなさい。

誰もが愛について知ることができるように。 堂々と語りなさい。

何かを隠していると思われないように。 率直に語りなさい。

誤解されないように。敬意をこめて語りなさい。

誰も不快に感じないように。

愛情をこめて語りなさい。

全ての言葉が癒しとなるように。

率直に語りなさい。

全ての言葉で、「 わたし 」 について語りなさい。

あなたの人生を贈り物としなさい。

あなたという人が贈り物であることを忘れないように!

あなたの人生にかかわってくるすべての人に、

そして、あなたがかかわりをもつすべての相手にとって、

贈り物でありなさい。

贈り物になれない人の人生とは、

かかわりをもたないように注意しなさい。

誰かが思いがけなくあなたの人生にかかわってきたら、

その人はどんな贈り物を受け取りにやってきたのだろうと考えなさい。

ニール・ドナルド・ウォルシュ  


Posted by asone at 18:17Comments(2)

2020年07月22日

カブト虫 あの人は私の中の一部


カブト虫




悩みの種の困った人たち。

けれど、人生にはつきものの困った人たち。

人間関係の問題ほど、

人生で悩みの種となりやすいものはありません。

しかし、困った人は実は、

私たちが認めたくない、私たち自身の一部。

人間関係の問題を、

何か大切なことを学べる気づきのチャンス、

学びの機会に転じていこう。

 

「生きていくことの意味」  諸富 祥彦
  


Posted by asone at 19:08Comments(0)