2020年08月31日

鳥海山大物忌神社




鳥海山大物忌神社  続日本後紀にも出てくる伝統のある神社 この辺では見ることのないほどのご立派な社

8月31日の鳥海山


人に思いやりを持ち、広い視野で物事を見つめる。

利他的な行動をとり、自分が今持っているもので満足する。

ひとを信頼して正直に生き、

他人への思いやりや優しさを人間関係の基本にする。

そうすれば、渇きや争いから解放され、

心が平穏になることを感じるでしょう。

他人への恐れや後ろめたい感情は消え、

自分のことを自分で信じられるようになるはずです。

このとき心の中には、これまでと別の種類の幸福感が生まれてくるはずです。

刺激による心の高まりとは違う、

静かで穏やかな「心の平和」です。

これこそが私たちが追い求めてきた「幸せ」の本当のありようだったのです。


ダライ・ラマ14世 「傷ついた日本人へ」 新潮新書 より







  


Posted by asone at 17:54Comments(0)

2020年08月30日

丸池様 遊佐町




遊佐町 丸池様 8月30日

池の周辺はまるで時間が止まったかのようでした。 とても良質な気に包まれていました。


思考はエネルギーを生み出す。

私たちは予想に近づけることはできるが、

それを超えることはない。

私たちが予測し、期待し、

また、信じることが経験を生み出し、

色づけてゆく。

予想が変わると人生のあらゆる経験も、

それに伴って変化する。


「ソウルナビゲーション」 ダンミルマン


大いなる期待をもって生きよ。

そうすれば大いなる出来事が現実に起きる。


アート・フェディツク


  


Posted by asone at 15:25Comments(0)

2020年08月29日

コキア・コキア・コキア



庄内空港近くの公園のコキア


積極的精神態度をつくるということは、だれにでもできることです。

正当な方法を系統的に秩序正しく実行しさえすれば、

必ずだれにでもできる事実なのであります。

万物の霊長として生まれた人間は、後天的修練を正当に施せば、

何人といえども、積極精神という

価値高いものを自分につくりあげられるようにできている。

ですから、自分はだめだ、俺は生まれつき心が弱いんだとか、

神経が過敏だからというふうに価値のない、安っぽい見切りを

自分につけないことであります。

「成功の実現」 中村天風  


Posted by asone at 20:51Comments(0)

2020年08月28日

あおるなよ!まちかどショットから


ナイス!


庄内平野のど真ん中から  暑い一日でした



どんな時も、人生には意味がある。

なすべきこと、満たすべき意味が与えられている。

この人生のどこかにあなたを必要とする「何か」があり、

あなたを必要とする「誰か」がいる。

そしてその「何か」や「誰か」は、

あなたに発見されるのを待っている。



生きていくことの意味 明治大学教授 諸富祥彦 PHP新書 より



  


Posted by asone at 16:32Comments(0)

2020年08月27日

人生からの呼びかけ8月27日の鳥海山






人間の生死について私はこういうイメージを持っています。

私たちの魂には、生まれる前から暗黙のうちに、あるミッションが、使命が、

何らかの形で刻印されこの世に降りてくる。

そしてその使命を果たし終えたら、この世から旅立って行くのだ、と。

私たちが日々を懸命に生きることを通して、その魂に刻印されていたミッション

暗黙の使命は自ずとふわーっと浮かび上がってきます。

そのとき人は、自分がその人生を生きるように生まれる前から半ば定められていたような感覚、

その人生をまさに今生きているのだという感覚を抱きます。


「本当の大人」になるための心理学 諸富祥彦 集英社新書



人生は理論では説明しきれない。何かが、遅かれ早かれ私たちをあるひとつの道へと

呼び込んでゆく、その「何か」は、子供時代に突然やってくることもある。

ふってわいたような衝動、あらがいがたい魅惑、思いがけない曲折、

そんな一瞬がまるで啓示のように、あなたにこう訴えかける。

これこそがわたしがやらねばならないこと、これこそがわたしが手にしなければならないものだ、

そして、これこそがわたしがわたしであるために必要なものだ、と。


ジェイムズ・ヒルマン著   「魂のコード 心の扉を開く」  


Posted by asone at 21:29Comments(0)

2020年08月25日

うつは中高年を魂の世界に導いてくれる扉


8月25日の鳥海山

中高年の少なからずが、一度は「軽うつ」状態に陥ります。

うつは、心のエネルギー切れです。 うつは確かに苦しく、辛いものです。

しかしそれによって、中高年が内面の世界に気持ちを向け、

心の変容に取り組み始めるひとつのきっかけとなることも、しばしばあるのです。

うつとは何か。ひと言でいえば脳の疲労の蓄積です。

個人差はありますが、人間、気が張った状態が九0日以上続くと誰でもうつになるのです。

特に読書を趣味とするようなまじめな方は、「こんなんじゃだめだ」、「まだまだダメだ」

と言って、自分にむち打つところがある。

人によっては、二〇日,三〇日でも耐えられない場合もあるでしょうが、

あなたが今そこを耐え抜いてきて、もう九〇日以上、がんばっているなと思ったら、

無理をせずすぐ休んでください。もうすでに限界が来ているはずです。


「本当の大人」になるための心理学 諸富祥彦 集英社新書


努力すれば何とかなる、根性を出せば何とかなる、勉強をすれば何とかなる、という考えは間違いです。
このような状態のときは「積極的」とか「ポジティブ」とか「前向きに」というような言葉をかけることも、その人を追い込んでしまいます。

かくいう私もこのような時期を乗り越えた経験があります。
このような時期に中村天風先生の教えの中の、ことに、「安定打坐法」を教えてくださる先生と出会い、
繰り返すことにより、徐々に回復してきたことを体験しました。

うつは中高年を魂の世界に導いてくれる扉です。 





  


Posted by asone at 19:34Comments(0)

2020年08月24日

8月24日の記事


8月24日の鳥海山

8月23日の玉すだれの瀧駐車場と滝つぼまではいらないで!


TV東京 「ガイアの夜明け」コロナ禍の経営破綻を決断した、ある化粧品会社社長の言葉より

「死のうと思いましたよ、まじで。 でも死ぬことが解決にはならないでしょ。僕は楽かもしれないけれども、全部コロナのせいにしない。」


「ガイアの夜明」けを見ますと大変な現実がじわじわと起き始めていることがよくわかりました。

この流れが大きくなることは避けられないようです。

この先は新型コロナどころではありません。

社会的大混乱が目の前まで来てるようです。




  


Posted by asone at 20:00Comments(0)

2020年08月23日

8月23日の鳥海山


8月23日朝の鳥海山


「 気づき 」とは自分が何を考え、何を言い、何をしているかを立ち止まって認識することです。

自分の思考、言葉、行為に、自覚的にさらに、こころが意識明瞭の状態であれば、注意力が養われます。

注意力があればあるほど、さらに洞察力が増し、自分の苦しみの本質、、他人の苦しみの本質、すべての現象の本質が見えてきます。

その洞察から人間関係、ことに周りの人と調和して穏やかに生きるためには、何を言い、何をすればよいか、、がわかってきます。

さらに、こころを客観的に見る習慣が身についてくると、外からの刺激によって心がどのような反応を示しているかわかります。

さらに、さらに、、様々な訓練や心に対する施しをすることにより、感情のコントロールができるようになってくると、次の段階に入ってゆきます。

すべては本心・良心に戻るために、世の中に毒されている現状が、どのようなことになっているのかに気づくことです。






  


Posted by asone at 08:35Comments(0)

2020年08月22日

酒田駅前の今!昔はジャスコ酒田店!長らくさら地駐車場


新しくなった酒田駅前、一昔前はジャスコ酒田店だった! マンションもあまり高さがないなぁ~!?


8月22日の鳥海山


真に成熟した大人と、未熟な人との一番の違いは承認されることが

自己価値観を保つためにマスト(不可欠)か否かということです。

もし人から認めなければ自己価値観を保つことができないというのであれば、

それは、その人の心が未熟な証拠です。

真に成熟した大人というのは、たとえ人から承認されなくても自己価値観を

十分に保つことができる。

そういう安定した自己価値観が確立されているのです。

もちろん、何があってもまったく揺るがない自己価値観を持っている人などいません。

どんなに罵倒されても自信はまったく揺るがない、

そこまでの自信を持っている人はめったにいるものではありません。

程よく安定した自己価値観が成熟した大人になるためにはやはり必要です。

ひとから批判されただけですぐに自分が崩れていくような恐怖を感じる人は、

やはり成熟した大人とは言えないのです。

「ほんとうの大人になるための心理学」 明治大学教授 諸富祥彦 集英社新書より


心理学者マズローは人間の承認欲求について、人間の4番目に出てくる欲求として述べています。
マズローの欲求5段階説は人間の相対的な世界での自己実現を表しています。
第二義的な自己実現を超えた第一義的な活き方が、目指すべき活き方です。

中村天風先生の唱える心身統一法の中の 「安定打坐法」 とても大事な行法です。

宗教に根差した瞑想法、マインドフルネスや座禅などは、「信仰心」の程度による、という壁を感じます。






  


Posted by asone at 18:19Comments(2)

2020年08月21日

8月21日の鳥海山





苦労に苦労を重ね自己実現を果たし一見幸せそうに見える。また幸せを得たように感じる。
物質的に豊かになって、家も高級車もあり、妻や子供もいて、とっても幸せになる人がたくさん出てきています。


しかしながら、自己実現を果たして幸せになっても、なぜか、心に虚しさが必ず生まれてくるのです。
他人もうらやむほどの社会的地位を得ても、なぜか、心に虚しさが必ず生まれてくることがあるのです。


「トランスパーソナル心理学」が注目されています。
自己実現では、得ることのできない、潜在意識からの欲求がトランスパーソナルを行えと訴えてくるのです。


アブラハム・マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表した。
それが、自己超越 (Self-transcendence) の段階である。 自己超越者 (Transcenders) の特徴は

「在ること」 (Being) の世界について、よく知っている
「在ること」 (Being) のレベルにおいて生きている
統合された意識を持つ
落ち着いていて、瞑想的な認知をする
深い洞察を得た経験が、今までにある
他者の不幸に罪悪感を抱く
創造的である
謙虚である
聡明である
多視点的な思考ができる
外見は普通である (Very normal on the outside)


赤字ウィキペディアより転載




  


Posted by asone at 21:37Comments(0)