2020年11月14日

11月14日の鳥海山 情けは人の為ならずその2




縁もゆかりもない他人様の「いのち」に関わった話

その2

昔の夏の話です。

庄内のとある海岸であさり取りをしておりました。

一昔前は誰もが自由にとることができた時代でもあったように思います。

結構な波がある日でしたが、周りには、海水浴などしている人もいたように記憶しています。

浜に上がり休憩しておりますと、焦った顔をした人が近づいてきて

「助けてくださいおぼれている人がいます。」というではありませんか。

ウェットスーツを着ていましたのでいかにも助けることができるように見えたのでしょう。

見ますと、20~30mほど沖に頭が2つ浮かんだり沈んだりしているのが見えます。

まず、「警察と消防に電話してください。」と頼みました。

仲間の一人はすぐさま海に飛び込み向かいました。

近くに漁具だと思える長いロープを見つけましたので近くにいる人の浮き輪を借りて

そのロープに縛り付け、浮き輪をもちロープを浜にいる人に持たせ、私も後を追って向かいました。

奥の方にいる一人は沖に流れる潮の流れに乗ってしまい、みるみる流されていきます。

少し手前にいる一人にかろうじて追いつき浜側に誘導しながら浮き輪までたどり着くことができました。

後は、浜にいる人たちに引っ張ってもらい一人は助けることができましたが、もう一人は間に合いませんでした。

しばらくして警察の方も見えていましたが、なすすべもなく、ただ見ているだけでした。

目の前で、助けたくても助けられない、人が流されてゆくという無力感を味わいました。

二人とも若い学生さんでした。

そのまま、疲れ果てて海を後にしました。

後日、ニュースで約1週間後ご遺体が数十キロ離れたところで見つかったことを知りました。

あと少し、紙一重のところだった。


後日談として、どこの誰が私たちの素性を伝えたのか知りませんが、人命救助に対しての表彰状を差し上げたいと警察から電話がありました。

私は丁重にお断りしました。目の前でおぼれ流されている姿を見ているのに喜んでられるかと。。

私とともに助けた仲間はいただいていたようですが。













上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。